MENU

薬と魔法のミーリエル みんなのレビュー エロRPGクロスレビュー

薬と魔法のミーリエル

 

人間とエルフの関係が戦争直前の緊張状態な世界で、5つの薬を求めてやって来た
エルフの少女の冒険を描いたエロRPG作品。
商業作品経験のある豪華製作陣による本格的な陵辱シーンやゲーム性が話題になっている。

 

制作サークル:
パルティア教団 (HP)

 

  • エロRPGアワード2013年前期 第1位受賞作品
  • New!エロRPGアワード2013 総合部門第2位・新人部門第1位受賞作品
  • DLsite.com 2014年年間ランキング第25位作品

スグネルさん

99点

薬と魔法のミーリエルは私の中で、エロRPG最高傑作の1つです。

 

まず、素晴らしいのがグラフィックの綺麗さ、絵の好みはあるでしょうが、ここまで
高レベルに安定している作品は少ないと思います。次にRPG部分においては、
サクサク上がるレベル、マップ上の敵を全滅させると出現する宝箱、
少し考える戦闘と、「快適さ、やりごたえ、達成感」が良い感じに味わえます。

 

さらに、回想システム、周回要素、移動速度が上がるアイテム、
透明になれる薬など、快適に遊べるように良く考えて作られています。
また、診療所にある「マジカルクスコ」を入手すれば、
オプションから「断面図のON/OFF」を設定できるようになるので、
断面図好きは最初に入手することをおすすめします。

 

薬と魔法のミーリエルは本当に買って良かったと思えるエロRPGです。
ストーリーやキャラクターの出来も良く、進め方によっては仲間にならない
キャラもいるなど、RPGとしての出来も非常に高く、私は3週目を楽しんでいます。

 

製作サークル様から次回作が発売されたら、私は必ず買いますね。

十文字 京太郎さん

86点

<本作の特徴>
主人公はハイエルフの少女であり、巨乳で愛くるしい外見が特徴。
そんな彼女が素材集めに奔走しながらも、エロい目にあっていく様子が
上手に描かれています。
またテレポート機能やメニュー画面からエロを回想できるなど、システム面におけるクオリティーの高さも特徴の一つと言えます。

 

<システム一覧>
・シンボルエンカウント
・ターン制フロントバトルビュー
・美少女が旅するRPG(お助けキャラなどあり、最大4人パーティー)
・テレポート機能あり
・時間の概念があり、昼と夜で出現するモンスターの種類が違う
・強くてニューゲームあり

 

<エロ>
5段階中のLV5(かなりエロい)
売春はもちろん、輪姦やモンスターによる敗北姦など多彩な印象。
ただし主人公であるミーリエルのエロシーンが大半です。
サブキャラのエロが、ほとんど無いのが残念な点でした。

 

<戦闘難易度>
5段階中のLV3(ちょうど良かった)
序盤は女性剣士『アンゼリカ』と傭兵『フランク』をパーティに加えるかで、
難易度は変わります。
また中盤には吸血鬼の少女が条件次第で仲間になります。
彼らを仲間に加えて冒険を進めるかどうかで難易度は変わりますが、
基本的にはバランスが取れており楽しめる範囲だったかと思います。

 

<個人的な総評>
エロRPGとして遊びやすく、幅広い層にオススメできる作品です。
それ故に、ミーリエル以外の女性キャラにエロシーンが少ないのが惜しい。
また、実は後半のストーリー展開に不満が残る内容でした。
そもそも人間とエルフが争っている理由についても、あまりきちんと語られていませんし。少し説明不足で、背景が薄い印象を受けます。
後半はドラマチックではあるのですが、「なぜそうなるのか?」と首をかしげずには
いられない部分がありました。

 

あくまで細かい部分の指摘だとは思いますが、RPGにおいて
ストーリーを重視する人には、少し消化不良な部分が残るかもしれません。

サンプル画像

薬と魔法のミーリエル サンプル1

 

薬と魔法のミーリエル サンプル2

 

薬と魔法のミーリエル サンプル3

ダウンロード

→DMM同人はこちらから

 

本作品に関するレビューを募集しております。
応募につきましては、コチラをご覧ください。

 

 

クロスレビュー一覧に戻る

TOPページに戻る

広告

このページの先頭へ