MENU

杏子ラビリンス レビュー

杏子ラビリンス

杏子ラビリンスの概要

杏子ラビリンスは突如目覚めると
謎の洞窟にいた少女が、洞窟から脱出するために
行動を行っていく脱出系+シンボルエンカウントRPGです。

 

洞窟内を駆けまわり、スキルを取得し、
スキルを使ってダンジョン内のトラップを抜け出していきます。

 

ダンジョン内にはトラップの他にシンボルエンカウントの敵が
配置されており、接触すると戦闘。
戦闘メインの作品ではありませんが、ボス戦などもあるため、
脱出メイン・一部バトル採用といった形式をとっているRPGです。

 

杏子ラビリンスのゲームシステム

本作品は、脱出に役立つようなスキル・アイテムを順番に取っていき、
最終的に脱出を目指していくようなスタイルのエロRPGになっています。

 

そのため、ダンジョン内を探索しながらトラップを回避しつつ、
アイテムやスキルの入っている宝箱を回収していきます。

 

探索メインの作品になりますが、以下のようなシステムもあります。

 

シンボルエンカウント&ステータス育成

ダンジョン内には敵がシンボルエンカウント形式で配置されており、
歩いている敵に接触すると戦闘になります。

 

敵の数は少なく、敵を倒さなくてもクリアできるレベルにまとまっていますが、
勝利してレベルアップすると、好きなステータスを上げることができます。

 

本作品、終盤にボス戦があり、計算して戦うとギリギリぐらいのレベルに
まとまっているので、計算が難しい場合はレベル上げして能力値を上げていく
というようなプレイを行うこともできます。

 

スキルのターン使用制限とコンボ

杏子ラビリンスでは、ダンジョン内で宝箱を開けるとスキルを取得できることがあり、
覚えたスキルを使って戦っていきます。

 

スキルには大きく2つ特徴があります。
まず一つ目は一度使うと特定ターン数経過まで仕様が制限されること。

 

一部スキルには、一度使うと一定ターン経過しないと
再発できないものもあります。
相手の動きを封じるような技もターン制限があるため、
必殺技の攻撃を使う相手の動作を見て早く使いすぎてしまうと、
別の必殺技に使用時に回避することができず、下手すると一方的に
攻撃されてしまうきっかけを作ってしまったりします。

 

支援系の技にターン制限があるものが多いため、
しっかりと計算しながら支援技を使っていかなければいけません。

 

もう1点がコンボ技です。
主人公が序盤から取得してい攻撃技には
順番に使うと威力が上がるコンボ系の技があります。
敵の行動パターンと支援系技のターン制限を
うまく計算しながらコンボを狙っていく必要があります。

 

杏子ラビリンスの長所

杏子ラビリンスの良かったところや独創的だと感じた点について紹介していきます。

 

細いエッチがいろいろとある点

本作品は敗北エッチや魅了っぽい状態の時に積極的になるエッチ、
産卵など、多種多様なエッチシーンがあると思います。

 

短編作品ですが、すべてのエッチシーン短い感じで収まっているので、
もし失敗したとしても、テンポが崩さずにエッチシーンを楽しむことができます。

 

ロリ系キャラのエッチシーン

本作品はヒロインのエッチシーンが中心になります。
ヒロインはつるぺた系のロリ系キャラクター。

 

一部シーンで巨乳化のようなものがありますが、
殆どのシーンではつるぺたな典型的ロリキャラのエッチシーンを
楽しむことができます。

 

値段も手頃よりな作品ですので、
ロリ好きな人には値段調整などでも検討しやすい作品かと思います。

 

杏子ラビリンスの短所

杏子ラビリンスのマイナス点やもう少し改善が欲しかったことは次の通りです。

 

説明的要素の不足感

コンボやステータス育成などありますが、
本作品ほとんど説明的な要素がありません。
(ゲーム内・Readmeともども)

 

そのため、コンボやステータス育成はRPGプレイ初の方や
独自システムに慣れていないユーザーの場合は
少し迷ってしまう可能性があるかもしれません。

 

また、突拍子もなく物語が始まっていく感じで、
導入シーンもないため、最初に主人公の性格を掴みにくい
可能性もあるかもしれません。

 

操作面については、Readmeのようなテキストで補足してあげたり
してあるとどんなユーザーにとっても良い環境になると思いますし、
オープニングも『突然洞窟で目覚めた』ことがわかるような
イベントなどを入れてくれていると、世界観に入りやすく、
脱出するという主人公の気持ちに感情移入しやすかったんじゃないかと思いました。

 

ヒントや伏線の少ないギミック

本作品は色々なエリアを探索しながら進んでいくタイプの
脱出ゲームですが、一部謎解きのような箇所があります。

 

この謎解きを行うようなギミックが、
非常にわかりにくいギミックだったりしました。

 

ノーヒントに近いものや、同人ゲームでは仕様になり得るレベルの
設定がギミックになっていたりしています。

 

ちょっと理不尽に感じるようなギミックもいくつかあったので、
もう少しヒント系の書き方に工夫があったり、わかりにくいものは
複数ヒントがあったりすると、エロ特化系の作品としては
良かったのかなぁ……という感じがしました。

 

回想シーンのないこと

色々なエッチシーンがある一方で、回想的な機能が
添付されているCG集のみになっています。

 

シチュエーションも色々とあった作品だったため、
ツクール上でセリフ付きのエッチシーンが楽しめなかったのは
すごく残念な気がしました。

 

杏子ラビリンスをおすすめする人

  • ロリ系キャラが好きな方
  • さくっとエッチシーンを楽しみたい方
  • 短い色々なエッチを楽しみたい方

 

杏子ラビリンスをおすすめ出来ない人

  • あまりRPGや脱出ゲームに慣れていない方
  • 触手系のエッチシーンが苦手な方
  • 細い点まで観察しながらゲームを進めるのが苦手な方

 

まとめ

 

73点
短編作品として楽しみやすい位置づけの値段とラインナップ
一部要素がわかりにくいので初心者は注意


ゲーム性 コンセプト
シナリオ コンセプト
エロさ コンセプト
独自性 コンセプト
コストパフォーマンス コンセプト

 

手頃な値段設定と、プレイしやすい価格で
短編としては検討の価値がある作品。

 

ロリキャラによる触手の短めエッチが中心ですが、
細かくエッチシーンが配置されているため、テンポよく
エッチシーンを楽しむことができます。

 

反面、一部ギミックやシステムがわかりやすそうに見えて
わかりにくいポイントが多く、ヒント・解説も少ないので、
あまり慣れていないと苦戦する可能性もあるかと思います。

 

迷った場合などはウェブ上に公開されている攻略情報を
参考にすればクリアできるかと思いますが、
完全に自分の手でクリアしたい人は、注意かと思います。

 

サンプルCG

杏子ラビリンス サンプル1

 

杏子ラビリンス サンプル2

 

杏子ラビリンス サンプル3

 

このレビュートップへ戻る

作品情報

制作サークル・メーカーさん:
一人オンラインさん

 

プレイ時間目安:
・短編(1時間ぐらい)

 

価格(レビュー記載時):
・540円

 

難易度:
ふつう!

 

ボイスの有無:
ボイスなし

 

やり込みシステム:
・特に無し

 

このレビュートップへ戻る

このゲームをダウンロードできるショップさん


同人ダウンロード

 

このレビュートップへ戻る

この作品をおすすめする人へのオススメ作品

同じサークルさんの作品

このゲームが持つ要素に似た雰囲気を持つ作品

 

このゲームで遊ぶ

 

エロRPGレビュー一覧

広告

このページの先頭へ