MENU

サポートの心構え

通常、ゲームというものは数十人以上もの人間が携わり、
ゲーム動作を確認するテスターがプレイを確認して、一般販売が開始されます。

 

しかし、同人ゲームは数名のサークルメンバーだけで制作することもあります。
個人サークルであれば、一人で制作しているかもしれません。

 

そのため、どうしても予測していなかったバグや、確認による、
バグは発生してしまいます。

 

「同人作品だからいっかー」
と思うサークルさんもいるかもしれませんが……

 

お金を取っている以上、皆さんの作品は通常の商業作品と一緒に
見られていることを自覚しましょう。

 

バグがあるだけで、作品を駄作と見てしまう方も多くいます。
せっかく何十時間も掛けて、愛を込めて作った作品も、
「駄作」のレッテルを貼られてしまうかもしれないのです。

 

まずは「同人だから仕方ない」という意識を捨てましょう。
「お金を貰っている」感覚をしっかりと持ち、責任を持ちましょう。
お金を頂いている以上、あなたはプロとして見られているのです。

 

もし、あなたは何かの商品や、サービスを購入した時、
商品自体が悪かったり、サポートが悪ければ、
その商品やサービスを信頼しなくなると思います。

 

それと同じです。
しっかりとしたサポートや商品を出さなければ、
せっかくの商品も、台無しになってしまいます。

 

 

「お金を貰っている」という意識を持てば、
相手が何を求めているのか、何をしてあげれば喜ぶか……

 

というのが、自然と見えてきやすくなります。

 

「同人だから仕方ない」と言う甘い意識は捨てましょう。
お金をもらっている以上、あなたは商業作品と一緒に見られる可能性もあるのです。

 

逆に「同人だからこそ、ここまでやるんだ!」というぐらいの
心意気を持って、サポートするつもりでぶつかっていきましょう!

 

 

広告

このページの先頭へ