MENU

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記の概要

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記

 

「やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記」は
学校を卒業し、新米魔術師として帰省したところ、妹が経営していた
道具屋さんに借金があることが判明し、借金を返すためにお店の経営に
乗り出していく、経営要素のあるSRPG作品です。

 

わかりやすい経営要素が特徴的な作品です。

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記の特徴

「やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記」は
ドラクエスタイルの戦闘を採用したエロRPGです。

 

本作品の特徴は、経営を行っていくシステムです。
今回は経営を行うにあたり、どのようなシステムがあるのか紹介していきます。

 

一日の行動

本作品では、100万ゴールドを貯めることが目的です。
お金を貯めるため、下記のようなパートを毎日繰り返していきます。

開店前パート

開店に向け、販売する商品を手に入れていくことが主な目的です。

 

独自ステータス「体力」を使って、食料品を調達したり、
アイテムに必要な素材を手に入れていきます。

 

また、店内の掃除や風俗嬢としてお金を稼ぐことも出来ます。

 

開店前のパート
稼ぐために、働き過ぎは禁物。体力が一定回数尽きてしまうと、
主人公は死んでしまいます。

開店後パート

商品を求めて、お客さんがやってきます。

 

商品の数や在庫数によって売上が変化します。
商品数が少ない場合や、店が汚いとお客さんの入りが悪くなります。

 

開店後のパート1
回転すると、お客さんがやってきます。
閉店まで、約30秒ほど、様子を毎日観察していきます。

 

開店後のパート2
店が汚いと、お客さんは買い物せずに帰ってしまいます。
しっかりと開店前のパートで清掃も行いましょう。

商品を仕入れる方法

本作品には問屋のような概念がなく、売るための商品は
全て自分で揃えなければいけません。

 

大雑把に商品を仕入れる方法を紹介します。

 

農産物を収穫する

街の中にある農地を使って、農産物を作成します。

 

農産物を作成するためには種が必要になり、種を蒔くと
翌日収穫できます。

 

売れない農産物になることも多いですが、販売されている
肥料を与えることで、成功率を上げられます。

 

また、お金を出して農地を増やすと、一度に収穫出来る量が増え、
とあるアイテムを購入すると、その日のうちに農産物が収穫できるようになります。
野菜栽培1
野菜の種や肥料は比較的安価。序盤の重要な収入源です。

 

野菜栽培2
たくさん収穫できることもあります。

 

牛の世話と牛乳の収穫

街の牛小屋で牛を飼うことが出来ます。飼い始めは1頭のみですが、
最大で3頭まで増やすことが出来ます。

 

体力を使うことで、牛から1頭につき毎日1回ずつ、牛乳をもらえます。
牛には愛情度が制定されており、愛情度が高いほど、上位の牛乳を得れます。

 

家畜1
毎日話しかけたり、体力を使って乳搾りやブラシをしてあげると、愛情度が上がります。

 

素材収集&アイテム合成

町の外で素材収集を行い、販売できるアイテムを作成します。
町の外にある光っているポイントに移動すると、素材アイテムが手に入ります。

 

素材が揃ったら、メニュー画面からアイテムの合成ができます。

 

素材を集める→合成→店に並べる

 

という流れですね。

 

素材集め1
光っているポイントでは、体力を消費して素材を収集できます。
ちなみに、一部草(画面のスライム左下の緑草)も採取可能で、草の採取には体力は消費しません。

素材集め2
レベルアップ時に取得できるSPを使って「採掘」スキルを得れば、
鉱石からも素材を集めることが出来ます。

素材集め3
強い敵を倒し、ダンジョンの奥へ進めば、大量の素材が手に入ることも。

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記のスペック等

プレイ時間:
中編(6時間15分ぐらい)

 

難易度:
ちょいかんたん!

 

価格(レビュー記載時):
972円

 

ボイスの有無:
なし

 

制作サークル・メーカーさん:
もんすたーぼっくすさん

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記の長所

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記の良い点や独創的と
思われることが以下の2点ございました。

 

まったりと出来る経営ゲーム

本作品は経営系ゲームですが、リアルタイムで進行していくような
要素がほとんどありませんので、時間を気にせずプレイが出来ます。

 

そのため、慌てずゆっくり自分のペースでプレイすることが可能です。

 

開店後の動きが面白い

開店するとキャラクター達がお店にやってきて
買い物をしていきます。

 

この様子が箱庭的な感じでどんどん自動で動いていくので、
目新しい印象を受けます。

 

お客さんの声が吹き出しのように出るのも面白い印象がありました。

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記の短所

逆に、少し残念に感じられたところについて、
以下の3点です。

 

自由度の効きにくい素材収集

素材収集について、ランダム性が高過ぎる印象がありました。

 

狙いたい素材があっても、その素材が手に入るポイントで
必ずしも出るというわけでもなく、かつ出る可能性があるアイテムが
少し多いので、うまく素材を狙っての採取するのが難しい印象を受けました。

 

結果パターンが少ないこと

逆に来客のキャラクターが毎日同じであったり、
素材が一度に取得できる数量が一緒だったりと、
多少ランダム性が欲しい場面での結果パターンが少ない印象がありました。

 

どうしても繰り返し同じ数値や同じ処理が目立ってしまったので、
もう少し変化があるような場面も欲しかった印象があります。

 

ステップアップ感の少なさ

比較的序盤からいろいろなことができ、ストーリーも序盤と
エンディングでしか無かったので、ステップアップ感が少なかった印象がありました。

 

序盤である程度お金が集まり、スキル取得やダンジョン攻略が出来てしまうと、
日々の経営に変化が少なくなってしまい、少し作業感が強くなってしまいます。

 

中間中間にシナリオ展開があったり、できることが増えていくような
要素が欲しかった感じがしました。

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記をおすすめする人

  • 単純な作業ゲームが好きな方
  • 決められた数値から色々と計算するのが好きな方
  • ゲーム性を重視するエロRPGが好きな方

やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記の個人的な評価

 

75点
低価格なシンプル経営ゲームとしては値段相応で面白い!
ランダム性バランスとか、シナリオ展開はもう少し欲しかった


ゲーム性 コンセプト
シナリオ コンセプト
イラスト コンセプト
エロさ コンセプト
独自性 コンセプト

 

全体的にはシンプルな内容で統一されていたので、
わかりやすさでは経営ゲームな印象。

 

ただ、シナリオ展開とかが少ないことがこのシンプルさと組み合わさっちゃうと、
途中から作業感が強くなってしまうのが少し残念でした。

 

来客がぞろぞろ来たり、会話を吹き出しで表示するような仕組みは、
経営ゲーム!って感じで面白かったですし、以前の同サークルさんゲームより、
格段にレベルアップしていたと思うので、今後の作品にも期待が持てる
サークルさんな印象も受けました。

ダウンロード


同人ダウンロード
[もんすたーぼっくす] の【やりこみ女魔術師のアイテム屋経営記】

この作品を気に入ったあなたへ

この作品を気に入ったなら、これらの作品もチェック!

同じサークルさんの作品

やりこみ女騎士ダンジョン
うちの妹はフェラ中毒 〜おしゃぶり地獄のレクイエム〜
人妻のフェラ 〜午後の昼下がりは淫乱タイム〜

似たジャンルの作品

LIFE IS PARADISE 完全版
-経営系エロRPG作品
New!剣と魔法のイムドリア
-交流・やりこみが楽しい、シミュレーション要素も楽しいRPG作品
ポケットエロモンスター 赤バージョン(初回予約特典・えろえろ☆びびるべあ同梱)
-地道な育成要素が楽しいRPG

その他

レビュー内の画像は、「もんすたーぼっくす」様より、特別に掲載のご許可を頂きました。
この場を借りて、お礼を申し上げます。
画像使用の寛大な許可、ありがとうございます。

 

TOPページに戻る

広告

このページの先頭へ